二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

機能性不妊の診断と対応方法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

@ 機能性不妊の検査方法

・内診 ・超音波検査 ・子宮卵管造影検査 ・通水検査 ・通気検査 ・子宮鏡検査
・ヒューナーテスト ・精液検査 ・血液検査(ホルモン検査・腫瘍マーカー・抗精子抗体など)

A 対応処置

タイミング法の指導(排卵誘発剤の使用・人工授精)

B 診断

@からAを経ても妊娠する兆候が見られない場合、機能性不妊と診断します。そのあとは、抗精子抗体検査やハムスターテストなどを行う場合と、それらの検査を行わずに高度医療(体外受精・顕微授精・ギフト法など)へ進む場合があります。ちなみに、ハムスタ−テストとは、ハムスターの卵子を使って、男性の精子の授精能力を確認する検査のことです。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

機能性不妊の診断と対応方法関連ページ

不妊症の原因が不明の場合
不妊症の原因が見当たらない場合の関連情報です。