二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

抗精子抗体の原因と治療法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

人間の体は、体内に異物が入ってくると、その特徴を記憶するようになっています。そして、次にその異物が入ってきたとき、その異物から身を守れるように抗体を作り出します。その抗体は、体の免疫反応によって作り出されます。

 

抗精子抗体

しかし、異物ではないモノに対して抗体を作ってしまうこともあります。例えば、精子を異物だと間違って判断してしまうと、子作りのために性行為をしても、抗体が精子の活動をブロックしてしまい妊娠できない場合があります。その抗体を抗精子抗体と言います。

 

その抗精子抗体の精子に対する強さは、人によって違います。程度が軽い場合は、治療しなくてもタイミング法の指導を受けて妊娠する可能性は十分にあります。しかし、精子が頻繁に膣内に入ることによって、抗精子抗体の力が強くなる場合もあるため、排卵日以外に性行為をするのであればコンドームを付けた方が良いとされています。

 

抗精子抗体の原因と治療法

なお、抗精子抗体の力が弱くても妊娠しない場合もあります。あと、抗精子抗体の力が強いために妊娠しない場合もあります。そのような場合、人工授精を行うのですが、一向に妊娠する気配がない場合は体外受精を行うことになります。

 

ちなみに、抗精子抗体の力が非常に強く人工授精では妊娠する可能性が低いと判断した場合は、最初から体外受精を検討することになります。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

抗精子抗体の原因と治療法関連ページ

子宮頸管の通過障害の検査
子宮頸管の通過障害の検査について
頸管粘液不全の原因と治療法
頸管粘液不全の原因と治療法について