二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

頸管粘液不全の原因と治療法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

通常、膣から子宮に細菌などが入らないように、子宮頸管は分泌物を出しています。しかし、排卵の頃になると、精子が通過しやすいように、子宮頸管から頸管粘液と呼ばれる粘り気のある分泌物を盛んに出すようになります。しかし、何らかの原因によって頸管粘液の分泌が不十分な場合があります。それを頸管粘液不全と呼びます。

頸管粘液不全の原因と治療法

 

頸管粘液不全の原因は、卵胞ホルモンの分泌障害・子宮頸管炎・男性の精子膿症などがあります。子宮頸管炎や精子膿症を発症している場合、子宮頸管粘液を分泌している組織が損傷し分泌しにくくなります。

 

そのため、抗生物質で子宮頸管炎や精子膿症を治療することになります。卵胞ホルモンの分泌障害が見られる場合は、卵胞ホルモン剤(プレマリンなど)を使用して、卵胞ホルモンの分泌を促します。しかし、それらの治療を施しても状態が改善しない場合、人工授精が必要になります。

精子膿症とは

精子膿症は男性の病気で、尿道炎や前立腺炎などが原因で起こります。精子膿症は、精液の中に細菌がいて白血球が増えてくる病気です。精子膿症になると、精子が弱めたり殺してしまうことがあります。しかも、女性の子宮頸管炎の原因にもなります。しかし、原因となる炎症を治療すれば精子膿症も治ります。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

頸管粘液不全の原因と治療法関連ページ

子宮頸管の通過障害の検査
子宮頸管の通過障害の検査について
抗精子抗体の原因と治療法
抗精子抗体の原因と治療法について