二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

子宮頸管の通過障害の検査

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

精子は子宮の入り口である子宮頸管を通過して、子宮や卵管へ入っていきます。しかし、子宮頸管に何らかの不具合があると精子は進んでいくことが出来ません。

 

それを子宮頸管の通過障害と言います。子宮頸管の通過障害の有無は、頸管粘液検査やヒューナーテストによる検査で診断できます。

 

頸管粘液検査とは

頸管粘液検査は、頸管粘液が正常に分泌されているかを確認する検査です。頸管粘液は、子宮頸管から分泌されています。普段は、膣内にいる細菌が子宮に入ってこないようにする働きを担っていますが、排卵時にはその性質が変化し分泌量も増えて、精子が子宮内に入るのをサポートする役目を果たします。

 

頸管粘液検査

検査方法は、排卵の時期に頸管粘液を採取し量や透明度を確認します。分泌量が少なく場合、頸管粘液不全や子宮頸管炎などの疑いがあります。なお、クロミッド(排卵誘発剤)を長期間服用している場合、頸管粘液の分泌量が少なくなる場合があります。

 

頸管粘液検査は、タイミング法には欠かせないものであるため、タイミング法の指導を受けている間は、そのつど検査が行われます

 

ヒューナーテスト(フーナーテスト)とは

ヒューナーテスト(フーナーテスト)とは、精子が子宮内に正常に入れるかを確認する検査のことです。頸管粘液が正常に分泌されていない場合、膣内粘液には精子がいるにも関わらず、子宮内には精子が見当たらないことがあります。これは、精子が子宮頸管を上手く通過できていない可能性があるため、頸管粘液不全や子宮頸管炎が疑われます。

 

精子の数が少ない場合や元気がない場合も、子宮内に十分な数の精子が入って行けません。ただ、男性の体調によって、その日の精子の数が左右されることはよくあるため、検査を何度か行った上で診断されます

 

ヒューナーテスト(フーナーテスト)

なお、抗精子抗体が頸管粘液の中にある場合も、ヒューナーテストで悪い結果が出ることがあります。抗精子抗体とは、精子を異物と認識してしまう抗体のことです。本来、精子は異物ではないのですが、抗体が出来て女性の体が精子を受け付けなくなっている場合があります。その疑いがある場合は、血液検査をし、抗精子抗体の有無を確認します。

 

検査は性交直後に行う必要があるため、検査日の朝に性交する必要があります。検査方法は、膣内粘液・頸管粘液・子宮内液を採取し顕微鏡で調べ、正常な精子がどれくらい子宮内に進入しているかを確認します。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

子宮頸管の通過障害の検査関連ページ

頸管粘液不全の原因と治療法
頸管粘液不全の原因と治療法について
抗精子抗体の原因と治療法
抗精子抗体の原因と治療法について