二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

子宮体ガンの原因と治療法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

20〜40代の女性が不妊検査をした際、子宮体ガンが発見される場合もありますが、子宮体ガンになるのは多くが閉経期の50〜60代の女性です。

 

子宮体ガンの場合、ガンの転移を防ぐために子宮の全摘出が必要となります。従いまして、子宮体ガンになった場合、基本的には妊娠することは出来なくなります。

 

子宮体ガンの原因と治療法

ごく初期の子宮体ガンであれば、掻爬手術によってガンを子宮内膜ごとかき出し、そのあと抗がん剤による化学療法や黄体ホルモン療法などで治療して、妊娠に挑戦するという可能性がない訳ではありません。

 

しかし、基本的には子宮全摘出をしなければ生命の危険を伴うことになるため、実子を諦め実子以外の方法を選択する方が良いかと思われます。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

子宮体ガンの原因と治療法関連ページ

着床障害の検査と治療法
着床障害の検査と治療法について解説しています。
子宮筋腫の原因と治療法
子宮筋腫の原因と治療法について解説しています。
子宮腺筋症の原因と治療法
子宮腺筋症の原因と治療法について解説しています。
子宮内膜ポリープの検査と治療法
子宮内膜ポリープの検査と治療法について解説しています。
子宮内膜癒着の原因と治療法
子宮内膜癒着の原因と治療法について解説しています。
子宮奇形の原因と治療法
子宮奇形の原因と治療法について解説しています。
子宮発育不全の治療法
子宮発育不全の治療法について解説しています。
黄体機能不全の原因と治療法
黄体機能不全の原因と治療法について
子宮内膜増殖症の原因と治療法
子宮内膜増殖症の原因と治療法について
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法について