二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

黄体機能不全の原因と治療法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

黄体機能不全の原因と治療法

正常であれば、基礎体温の高温相は10〜14日以内です。低温相が続いたあと高温相に移行するのは、排卵後に分泌される黄体ホルモンの影響によるものです。その高温相の間に、受精卵が着床しやすいように子宮内膜が厚くなります。

 

しかし、黄体ホルモンの分泌が不十分で子宮内膜が厚くならない場合、受精卵が着床しにくく妊娠もしにくくなります。これを黄体機能不全と言います

 

黄体機能不全は、高温相が9日以内であるため基礎体温のグラフだけで見当が付きますが、詳しく検査をしてから確定することになります。検査の結果、黄体ホルモンの値が10ng/ml未満の場合、黄体機能不全と診断し、黄体ホルモン剤などを投与して治療を行います。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

黄体機能不全の原因と治療法関連ページ

着床障害の検査と治療法
着床障害の検査と治療法について解説しています。
子宮筋腫の原因と治療法
子宮筋腫の原因と治療法について解説しています。
子宮腺筋症の原因と治療法
子宮腺筋症の原因と治療法について解説しています。
子宮内膜ポリープの検査と治療法
子宮内膜ポリープの検査と治療法について解説しています。
子宮内膜癒着の原因と治療法
子宮内膜癒着の原因と治療法について解説しています。
子宮奇形の原因と治療法
子宮奇形の原因と治療法について解説しています。
子宮発育不全の治療法
子宮発育不全の治療法について解説しています。
子宮内膜増殖症の原因と治療法
子宮内膜増殖症の原因と治療法について
子宮体ガンの原因と治療法
子宮体ガンの原因と治療法について
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法について