二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

子宮奇形の原因と治療法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

子宮が生まれつき変わった形をしている場合、子宮奇形と呼んでいます。子宮奇形は、重複子宮(ちょうふくしきゅう)・中隔子宮(ちゅうかくしきゅう)・双角子宮(そうかくしきゅう)・弓状子宮(きゅうじょうしきゅう)・単核子宮(たんかくしきゅう)に分けられます。

 

子宮奇形の原因と治療法

子宮奇形は、子宮鏡検査や子宮卵管造影検査で診断することが出来ます。奇形の程度が軽い場合は自然妊娠できる可能性もありますが、形や程度によっては流産や早産になりやすかったり、受精卵が着床しにくかったりすることもあります。

 

流産・早産・着床障害の可能性がある場合は、不妊期間などを考慮した上で子宮形成手術を行います。中隔子宮の場合は、膣から子宮鏡を入れて形を直すのですが、それ以外の子宮奇形は開腹手術となります。

 

子宮の種類

 

重複子宮(ちょうふくしきゅう)

重複子宮

 

子宮が2つある状態になっている。この形の場合、不妊や流産の原因になりやすいが自然妊娠することもあるため様子を見ることになります。ただ、膣も2つある場合は手術をします。

 

中隔子宮(ちゅうかくしきゅう)

中隔子宮

子宮内部に出っぱりがあり、子宮を左右に隔てた形をしている状態。その出っぱり部分は線維性筋組織と呼ばれており血管が少ないため血流が悪くなっています。そこに受精卵が着床すると、酸素不足で流産する可能性が高くなります。

 

双角子宮(そうかくしきゅう)

双角子宮

 

子宮上部が角のような形をしている状態。自然妊娠する可能性はあるが、流産の原因となっている場合は手術が必要です。

 

 

弓状子宮(きゅうじょうしきゅう)

弓状子宮

 

子宮上部が弓のような形をしている状態。大抵は軽度で妊娠に影響がないため、手術をせずに様子を見ることになります。

 

 

単核子宮(たんかくしきゅう)

単核子宮

 

卵管や卵巣が片方しかない状態。元々ないモノを作り出すことは出来ないため、手術で正常な形にすることは出来ませんが、妊娠することが多いため様子を見ることになります。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

子宮奇形の原因と治療法関連ページ

着床障害の検査と治療法
着床障害の検査と治療法について解説しています。
子宮筋腫の原因と治療法
子宮筋腫の原因と治療法について解説しています。
子宮腺筋症の原因と治療法
子宮腺筋症の原因と治療法について解説しています。
子宮内膜ポリープの検査と治療法
子宮内膜ポリープの検査と治療法について解説しています。
子宮内膜癒着の原因と治療法
子宮内膜癒着の原因と治療法について解説しています。
子宮発育不全の治療法
子宮発育不全の治療法について解説しています。
黄体機能不全の原因と治療法
黄体機能不全の原因と治療法について
子宮内膜増殖症の原因と治療法
子宮内膜増殖症の原因と治療法について
子宮体ガンの原因と治療法
子宮体ガンの原因と治療法について
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法について