二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

子宮筋腫の原因と治療法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

着床障害の原因となるモノは様々です。ただ、同じ原因でも、その状態や年齢によって治療法を変えることもあります。

 

子宮筋腫の原因と治療法

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)とは

 子宮筋腫は20代でも見られますが、多くは30代や40代の人です。子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、受精卵の移動や着床を邪魔することがあります。ただ、腫瘍の場所や大きさなどによって着床への影響は様々であるため、その状態に合わせて治療を行うことになります。例えば、4〜5センチ以下の筋層内筋腫や漿膜下筋腫であれば、着床への影響は小さいため治療せずに様子を見ることになります。逆に、粘膜下筋腫や大きな筋腫であれば、薬物治療や手術を行うことになります。

子宮筋腫の治療

 筋腫の発育は、女性ホルモンが影響するため、生理を止める薬を使い一時的に閉経状態にして女性ホルモンの分泌を止めます。ただ、この方法は時間がかかるため若い方に向いている治療となります。そのため、高齢の方の場合、筋腫核手術を行い子宮を温存し筋腫だけを切除します。あと、早産や流産の原因になりやすい子宮の内腔にできる粘膜下筋腫は、1センチくらいの小さなモノでも着床の障害となりやすいため切除が必要で、膣から子宮鏡を入れて内視鏡で筋腫を取り除く手術を行うことになります。

 

子宮筋腫の原因と治療法

薬物治療では、生理を止める期間が4〜6ヶ月間で、薬をやめてから2〜3ヶ月後に生理が始まります。従いまして、6〜8ヶ月間は妊娠できないことになります。そのため、高齢で時間的に余裕がない場合は、早々に体外受精などを行うこともあります。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

子宮筋腫の原因と治療法関連ページ

着床障害の検査と治療法
着床障害の検査と治療法について解説しています。
子宮腺筋症の原因と治療法
子宮腺筋症の原因と治療法について解説しています。
子宮内膜ポリープの検査と治療法
子宮内膜ポリープの検査と治療法について解説しています。
子宮内膜癒着の原因と治療法
子宮内膜癒着の原因と治療法について解説しています。
子宮奇形の原因と治療法
子宮奇形の原因と治療法について解説しています。
子宮発育不全の治療法
子宮発育不全の治療法について解説しています。
黄体機能不全の原因と治療法
黄体機能不全の原因と治療法について
子宮内膜増殖症の原因と治療法
子宮内膜増殖症の原因と治療法について
子宮体ガンの原因と治療法
子宮体ガンの原因と治療法について
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法について