二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

着床障害の検査と治療法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

性交してから妊娠するまでのプロセスで、最終段階となるのが着床です。着床とは、受精卵が卵管から子宮に移動して子宮内膜に付着し、子宮内膜と結合した状態を指します。

 

その状態になれば妊娠したことになります。しかし、何らかの原因で着床が上手くいかない場合があります。それを着床障害と言います。

 

着床障害の検査と治療法

 

着床障害は、内診・ホルモン検査・子宮鏡検査・子宮卵管造影検査・超音波検査・内膜細胞診・子宮内膜組織織診・腫瘍マーカー検査などで検査し、異常が認められない場合はタイミング法などの指導となります。

 

着床障害の原因となるモノは様々です。なお、同じ原因でも、その状態や年齢によって治療法を変えることもあります

着床障害の原因

・ 子宮筋腫 ・ 子宮腺筋症 ・ 子宮内膜ポリープ ・ 子宮内膜癒着 ・ 子宮奇形
・ 子宮発育不全 ・ 黄体機能不全 ・ 子宮内膜増殖症 ・ 子宮体ガン ・ 子宮内膜が薄い

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

着床障害の検査と治療法関連ページ

子宮筋腫の原因と治療法
子宮筋腫の原因と治療法について解説しています。
子宮腺筋症の原因と治療法
子宮腺筋症の原因と治療法について解説しています。
子宮内膜ポリープの検査と治療法
子宮内膜ポリープの検査と治療法について解説しています。
子宮内膜癒着の原因と治療法
子宮内膜癒着の原因と治療法について解説しています。
子宮奇形の原因と治療法
子宮奇形の原因と治療法について解説しています。
子宮発育不全の治療法
子宮発育不全の治療法について解説しています。
黄体機能不全の原因と治療法
黄体機能不全の原因と治療法について
子宮内膜増殖症の原因と治療法
子宮内膜増殖症の原因と治療法について
子宮体ガンの原因と治療法
子宮体ガンの原因と治療法について
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法
子宮内膜が薄い場合の原因と治療法について