二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

卵管障害の検査方法と診断

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

卵管は、精子や受精卵が通る道なのですが、その卵管が詰まっていたり、狭くなっている状態を卵管障害と言います。なお、不妊症は30〜40%が卵管障害が原因であると見られています。

 

卵管障害の検査方法と診断

検査方法は、子宮卵管造影検査・通水検査・通気検査ですが、エックス線装置がない病院では、通水検査または通気検査で診断されます。

 

ちなみに、エックス線検査で使用する造影剤(ヨード)に対して、アレルギーがある場合も通水検査や通気検査が用いられます。

 

卵管障害の検査方法

子宮卵管造影検査

膣からカテーテルを通して、子宮や卵管に造影剤を入れます。そして、エックス線撮影すると、子宮や卵管の形がはっきりと映し出されるため、それを見て正常であるかをチェックします。

 

卵管が詰まっていたり狭くなっていると、造影剤を入れたときに痛みを感じる場合が多いようですが、検査時の痛みは人によって様々です。ただ、その痛みも大切な判断材料のひとつであるため、必ず医師に伝えるようにして下さい。

 

造影剤を卵管に入れると、軽い詰まりであれば卵管が広げられて、検査後に卵管の通りがよくなります。しかも、造影剤には、卵管の滑りを良くする効果や卵管を消毒する効果もあるため、検査後に妊娠しやすくなることもあります。ただ、検査による緊張のためか、一時的に卵管が狭くなる場合もあると考えられています。あと、検査と同時に卵管を広げる処置(選択的卵管造影)を施す場合もあります。

 

エックス線検査で使用された造影剤は、卵管の先端部分である卵管采から腹腔へ、1日以内に全て流れ出ていきます。

通水検査

通水検査では、エックス線検査で使う造影剤の代わりに通水検査用の水を使用します。通水検査は、まず注射器で水を注入していきます。そのときの水量や感触で、水が卵管を通っているかを診断します。なお、その水には感染防止の抗生物質が含まれているため、子宮や卵管に炎症が起きている場合などは、その治療にもなります。

通気検査

通気検査で媒体として使うのは炭酸ガスです。その炭酸ガスを送り込んだあと、聴診器をお腹に当てて卵管を通るガスの音を確認したり、子宮内の圧力を測定して卵管が通っているかを診断します。

 

検査と診断

異常なし

卵管が正常に通っており妊娠可能と診断し、タイミング法の指導などを行う。

異常あり

・卵管間質部や峡部が詰まっている(または狭い): 卵管癒着・炎症・先天奇形
・卵管膨大部が詰まっている(または狭い): 卵管水腫・癒着・炎症・先天奇形

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

卵管障害の検査方法と診断関連ページ

卵管障害の原因と治療法
卵管障害の原因と治療法について解説しています。