二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

多嚢胞性卵巣症候群の原因と治療法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因は、男性ホルモンや黄体化ホルモンが多いために、卵巣の代謝が悪くなっているのではないかと言われていますが、はっきりと原因が解明されている訳ではありません。ただ、毛深い人や初潮のときから生理不順が続いているような人は注意が必要です。

 

多嚢胞性卵巣症候群の場合、卵巣で成熟卵胞まで育たないため、排卵が起きにくい状態が続いて、次第に卵巣の皮が厚く固くなってしまいます。

 

多嚢胞性卵巣症候群の治療は、排卵誘発剤で卵胞の発育を促します。最初は作用が緩やかな飲み薬(シクロフェニル製剤・クエン酸クロミフェン製剤など)で様子をみて、それで効果が認められない場合は卵巣を直接刺激するhMG製剤を注射します。

 

hMG製剤の注射は、多嚢胞性卵巣症候群によく効くのですが、卵巣が過剰反応を起こして卵巣過剰刺激症候群を引き起こすことがあるため、慎重に投与する必要があります。

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因と治療法

上記以外の治療方法として、卵胞に穴を開ける卵胞穿刺術(らんほうせんしじゅつ)や精子を卵胞に直接送り込む卵胞人工授精などの方法もあります。

 

ただそれらは妊娠率が低いため、早い段階で体外受精を行った方が良いという考えもあります。これは、多嚢胞性卵巣症候群の人は、卵胞がたくさん出来やすく、受精卵をたくさん作ることが出来るため体外受精の成功率が比較的高いためです。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因と治療法関連ページ

排卵障害の検査方法と診断
排卵障害の検査方法と診断について紹介しています。
中枢神経異常の原因と治療法
中枢神経異常の原因と治療法について解説しています。
卵巣機能低下の原因と治療法
卵巣機能低下の原因と治療法について解説しています。
黄体化未破裂卵胞の原因と治療法
黄体化未破裂卵胞の原因と治療法について解説しています。