二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

排卵障害エントリー一覧

排卵障害の検査方法と診断

卵子が卵巣内で育たない場合、または卵子が育っても卵巣の外に出ることが出来ない状態を卵巣障害と言います。不妊症には様々な原因がありますが、卵巣障害は不妊原因の約25%を占めると言われています。排卵障害の診断の手順は、まず基礎体温のグラフで低温相と高温相に分かれているかを確認し、そのあと経膣超音波検査や...

続きを読む

中枢神経異常の原因と治療法

脳の中のひとつの部位である間脳の視床下部の命令によって、下垂体から卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)と呼ばれている2種類の性腺刺激ホルモンが分泌されます。その2つのホルモンによって、脳からの命令が卵巣に伝えられ排卵が起こります。しかし、その命令系統に異常(中枢神経の異常)が起こった場...

続きを読む

卵巣機能低下の原因と治療法

卵巣機能低下の原因@ 卵巣にある原始卵胞が加齢と共に減少A 卵巣への自己抗体による攻撃B 染色体異常検査をしても原因を特定できない場合もありますが、正しい診断を行うためには、腹腔鏡検査をし、卵巣の組織を採取して生まれつき卵巣にある原始卵胞の有無を確認します。卵巣機能の低下を治療する場合、卵胞ホルモン...

続きを読む

多嚢胞性卵巣症候群の原因と治療法

多嚢胞性卵巣症候群の原因は、男性ホルモンや黄体化ホルモンが多いために、卵巣の代謝が悪くなっているのではないかと言われていますが、はっきりと原因が解明されている訳ではありません。ただ、毛深い人や初潮のときから生理不順が続いているような人は注意が必要です。多嚢胞性卵巣症候群の場合、卵巣で成熟卵胞まで育た...

続きを読む

黄体化未破裂卵胞の原因・治療

基礎体温は二相性になっていても、検査の結果は無排卵という場合があります。そのような場合、黄体化未破裂卵胞の疑いがあります。黄体化未破裂卵胞とは、卵子は成熟するが卵胞が破壊しないため、卵子が飛び出せず排卵が起きない状態のことを言います。黄体化未破裂卵胞の状態で基礎体温が二相性になる理由は、排卵が起こら...

続きを読む