二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

不妊治療の用語集(か行)

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

不妊治療の用語集(か行)

 

●カウフマン療法
卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤を投与し、脳の下垂体に刺激を与えて排卵を起こす無月経や卵巣機能不全を治療する療法。

 

●下垂体
脳の間脳の下部にある器官。視床下部からの指令で、性腺・甲状腺・副腎などのホルモン分泌を制御している。

 

●環境ホルモン
生物の体内に入り込み、性ホルモンの働きをかく乱する化学物質。

 

●基礎体温
運動や食事をしていない状態の体温。通常は、睡眠から目覚めた直後の体温を基礎体温としている。

 

●機能性不妊
検査をしても、男女ともに不妊の原因が見つからない不妊のこと。

 

●ギフト法
精子と卵子を採取し、それらを直接卵管に戻す方法。

 

●逆行性射精
精管に通過障害があるため、射精の際に精液が性器へ行かず膀胱へ入ってしまうこと。

 

●筋腫核手術
筋腫だけを摘出し子宮を温存する子宮筋腫の手術法。

 

●クラインフェルター症候群
男性不妊の原因のひとつで、性染色体の異常で起こる病気。

 

●クラミジア感染症
性感染症の一種。この感染が広がり、子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎・腹膜炎を起こした場合、不妊症の原因になる場合がある。

 

●頸管粘液
子宮頸管からの分泌液。子宮へ進入する精子をサポートする働きがあり、排卵日が近づくと分泌が盛んになる。

 

●頸管粘液不全
頸管粘液が充分に分泌されていない状態。精子がスムーズに子宮内へ進入できなくなる。

 

●顕微授精
顕微鏡で確認しながら、精子を卵子の中に送り込む方法。現在は、ICSI(卵子に管を刺して1匹の精子を送り込む方法)が主流。

 

●抗精子抗体
精子を抗原と誤認して精子を攻撃する抗体。

 

●高度医療
不妊症の場合であれば、体外受精・顕微授精・ギフト法など卵子を採取して行う治療法を指す。

 

●高プロラクチン血症
乳汁分泌ホルモン(母乳を分泌させる働きのあるホルモン)の分泌量が異常に多くなる病気。これは、無排卵や無月経を引き起こすため不妊症の原因となる。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

不妊治療の用語集(か行)関連ページ

不妊治療の用語集(あ行)
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
不妊治療の用語集(さ行)
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
不妊治療の用語集(た行・な行・は行)
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
不妊治療の用語集(ま行・ら行)
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。