二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

逆行性射精

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

逆行性射精

正常であれば、精液はペニスへ流れていくのですが、膀胱に射精されてしまう状態の人がいます。そのような状態を逆行性射精と言います。逆行性射精は、射精後に尿を検査すれば、尿のなかに精子を見つけることで診断できます。

 

逆行性射精は、生まれつきの場合や手術や糖尿病などが引き金となって起こる場合もあるのですが、原因を見つけられない場合も少なくありません。

 

いずれにしましても、逆行性射精は手術で完治させることが出来ません。そのため、逆行性射精を治すのではなく、膀胱内に入った精子を採取し人工授精や体外受精を行うことになります。

 

ただ、尿に混ざってしまった精子は使えないモノもあるため、膀胱内を精子用の培養液で洗浄する必要があります。そのあと、新しい培養液を膀胱に注入し、マスターベーションで射精してから膀胱の培養液を抜き出しその中から、精子を採取することになります。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

逆行性射精関連ページ

精管通過障害とは
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
閉塞性無精子症
閉塞性無精子症の解説。