二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

精管通過障害とは

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

精管通過障害

 

精子が精巣で正常に作られていても、精子の通り道である精管に不具合があると精子は前へ進むことが出来なくなり、精子がいない精液を射精することになります。それを精管通過障害と呼びます。

 

精管通過障害を診断する場合、精管精嚢造影検査(精管が正常に通っているかを確認する検査)や精巣生検(精巣で精子が作られているかを確認する検査)を行います。

 

ちなみに、精管通過障害の原因としては、閉塞性無精子症・精巣上体炎・逆行性射精などがあります。

 

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

 

精管通過障害とは関連ページ

閉塞性無精子症
閉塞性無精子症の解説。
逆行性射精
逆行性射精の解説。