二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

精管通過障害エントリー一覧

精管通過障害とは

精子が精巣で正常に作られていても、精子の通り道である精管に不具合があると精子は前へ進むことが出来なくなり、精子がいない精液を射精することになります。それを精管通過障害と呼びます。精管通過障害を診断する場合、精管精嚢造影検査(精管が正常に通っているかを確認する検査)や精巣生検(精巣で精子が作られている...

続きを読む

閉塞性無精子症

精管(精子の通り道)が狭くなっていたり、部分的に掛けている状態では精子が精管を通過することが出来ないため無精子症になります。それを閉塞性無精子症と言います。閉塞性無精子症は、生まれつきの場合もありますが、外傷や炎症の後遺症による場合もあります。他には、幼少時に脱腸(鼠径(そけい)ヘルニア)の手術をし...

続きを読む

逆行性射精

正常であれば、精液はペニスへ流れていくのですが、膀胱に射精されてしまう状態の人がいます。そのような状態を逆行性射精と言います。逆行性射精は、射精後に尿を検査すれば、尿のなかに精子を見つけることで診断できます。逆行性射精は、生まれつきの場合や手術や糖尿病などが引き金となって起こる場合もあるのですが、原...

続きを読む