二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

不妊治療の検査・治療費用

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

不妊治療では、かなりの費用が掛かります。数年も続けていると、総額が数百万円にもなります。これは、特殊な高額の検査・何度も同じ検査をする必要がある・健康保険が適用されない検査や治療が少なくないなどの理由からです。

 

ただ、不妊治療費助成金や医療費控除などもありますので、それらを活用して少しでも費用を抑えるようにして下さい。

 

不妊治療の検査・治療費用

なお、病院によって不妊治療における費用は異なります。健康保険が適用される治療については、どの病院でもほぼ同じですが、健康保険が適用されない治療は病院によって違いがあります。

 

しかし、病院の治療費は、「安かろう悪かろう」は当てはまりません。
例えば、治療費が安いから良心的な病院であるとか、治療費が高いから技術力も高いなどとは単純には言えません。

 

そのため、周囲の人の評価や評判を聞いてみるのも大切です。あなたのまわりに、そのような相談をする人がいない場合、最近であればインターネットで病院の評価や口コミなどが出ている場合もありますので、「病院名 評価」「病院名 口コミ」などで検索して探してみて下さい。しかし、病院で直接質問してみることも大切です。病院に質問してみれば、納得できる回答を貰えることもありますし、その病院の雰囲気や考え方なども知ることが出来るため、病院選びをする際の判断基準になります。

 

不妊治療の値段の目安

 

不妊治療の値段の目安

●タイミング指導 : 2千円〜7千円
●人工授精(AIH) : 8千円〜2万円(検査代・薬代は別途要)
●体外受精 : 20万円〜45万円(検査代・薬代は別途要)
●顕微授精 : 5万円〜10万円 + 体外受精の費用

 

タイミング指導の前に行う超音波検査や頸管粘液検査などは、基本的に健康保険が適用されます。しかし、何度も検査を行い回数が多くなった場合、健康保険でカバーしきれない分が出る場合もあります。人工授精では、ケースによって健康保険が適用される場合があるため、医師に確認するようにして下さい。体外受精と顕微授精は、健康保険の適用外となっているため全額自己負担となります。

 

ちなみに、民間企業では、社員に対して不妊治療費の補助金を支給したり、無利子融資を行ったり、休職制度を取り入れるなど、不妊治療をサポートしている企業もあります。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

不妊治療の検査・治療費用関連ページ

不妊治療の悩み
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因と治療方法を紹介しています。
不妊治療は何歳まで?
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
日本国内で未承認の不妊治療
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
病院との付き合い方
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
卵子は老化する?
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。