二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

日本国内で未承認の不妊治療

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

日本国内で未承認の不妊治療

海外では承認され実施されている不妊治療で、日本国内では未承認のため実施できない不妊治療がいくつかあります。日本国内での不妊治療を諦めて、海外で不妊治療を行う人がおられますが、治療費以外にも渡航費や滞在費など全て自己負担となります。

 

海外で不妊治療を行う場合、かなり高額な費用が必要となるため、それがネックとなり諦める人は少なくありません。

日本国内で未承認の不妊治療

PGD(着床前遺伝子診断)

欧米では実施している国が多い不妊治療で、受精卵を母体に戻す方法です。これは、胎児の障害による人工中絶や、受精卵の染色体異常で流産する可能性を減らすため、受精卵を検査して出来る限りリスクの少ない受精卵を選びます。

着床後受精卵診断

着床後受精卵診断は、数個の受精卵が着床した際に有効とされている方法です。これは、顕微授精や体外受精で受精卵が着床した際、染色体異常の有無を調べ、重症の遺伝疾患の予防と習慣流産などを防ぐための技術です。

卵子ドナー

卵子ドナーとは、他人の卵子を譲り受け、パートナーの精子と授精させる方法です。これは、卵子に成長力がない場合や、卵巣を摘出した人に対して行われます。ちなみに、卵子の提供者を卵子ドナーと呼び、卵子を譲り受ける側をレシピアントと呼びます。アメリカにおける日本人ドナーへの報酬は、3千ドル〜7千ドルと言われています。なお、レシピアント側は、治療費の他に渡航費や滞在費なども含めると、2万5千ドル〜4万ドルくらいになります。しかも、治療中に予定外の治療を施した場合などは、別途費用が必要になります。

代理母(ママ)

夫婦の精子と卵子を用いて代理母に妊娠・出産してもらう場合と、パートナーの精子と第三者の卵子を用いて代理母に妊娠・出産してもらう場合があります。この方法は、アメリカや韓国などで行うことが可能です。ちなみに、代理母が得る報酬は2万5千ドル〜4万ドルくらいと言われており、依頼する側が用意しなければならない費用は、8万5千ドル〜10万ドルくらいと言われています。なお、代理母の制度には注意すべき点があります。アメリカでは、代理母にも親権が認められているため、赤ちゃんの引き渡し拒否などの問題が法廷に持ち込まれた例があります。他には、代理母によって出産された赤ちゃんが重度の障害を持っていたため、依頼した側が受け取りと報酬の支払いを拒否し告訴された例もあります。

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

日本国内で未承認の不妊治療関連ページ

不妊治療の悩み
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因と治療方法を紹介しています。
不妊治療は何歳まで?
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
病院との付き合い方
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
不妊治療の検査・治療費用
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
卵子は老化する?
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。