二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

不妊治療は何歳まで?

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

女性は閉経するまで妊娠する可能性があると言えますが、年齢が高くなるほど妊娠する可能性は低くなります。一般的には、35歳くらいから卵巣の機能が低下し始めるため、出来れば30代前半までに不妊治療を行うのが理想的です。しかし、35歳以上であっても、年々確率は下がりますが諦める必要はありません。

 

不妊治療は何歳まで?

しかし、40歳以上になると、3ヶ月ごとに生殖機能が衰えると言われています。ただし、食事・運動・アロマテラピーなどを駆使して若返りを図れば、42歳までであれば卵子の老化をくい止めることが不可能ではありません。

 

ただ、43歳以上になると、それらを駆使しても若返りは期待できなくなってきます。そのため、不妊治療を行うと同時に、妊娠できなかった場合のことを夫婦で考えておく必要はあると言えます。

 

妊娠する確率

35〜40歳の間に、卵子の中のミトコンドリアが老化したり、子宮内膜を制御している脳下垂体からのホルモン分泌のバランスが悪くなるため、女性が妊娠する能力は徐々に低下していきます。そして、45歳になると妊娠する確率は極端に低くなります。従いまして、体外受精などで妊娠する可能性がある程度あるのは、45歳くらいまでとするのが一般的な考え方です。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

不妊治療は何歳まで?関連ページ

不妊治療の悩み
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因と治療方法を紹介しています。
日本国内で未承認の不妊治療
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
病院との付き合い方
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
不妊治療の検査・治療費用
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
卵子は老化する?
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。