二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

不妊治療の悩み

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

不妊治療の悩み

不妊治療は、時間が掛かる上に費用も決して安いとは言えません。そのうえ「今度こそは…」と期待して治療を受けても、いつものように生理が来てしまい落胆することを何度(何年)も繰り返していては、精神的にも参ってしまいストレスが溜まるのは当然です

 

しかも、「子供は作らないの?」「子供は、まだ?」などの言葉に傷ついたりで、近所の子供や親戚の子供でさえ可愛く思えなくなってしまうこともあります。悪意のない言葉だと分かるが上に、そのような感情がわき起こる自分がイヤになり自己嫌悪に陥ったり、親や周囲の人との人間関係が上手くいかなくなり悩んでいる人も少なくありません。これは二人目不妊でも、全く子供が出来ない場合でも同じです。

 

「先が見えない不安」「経済的な負担」「肉体的な負担」「まわりの人の心ない言動」など、不妊治療を行う上で様々なことが心の負担となり、ストレスが溜まり精神的に辛い状態が続きます。

 

従いまして、ご主人は、不妊治療は奥さんの負担がかなり大きいモノであることを理解して、奥さんの愚痴(八つ当たりなども含めて)などを大きな心で受け止めて聞いてあげるようにして下さい。奥さんが辛い状態であることを理解して、時には理不尽な言葉を投げかけてくる場合もあるかとは思われますが、最終的に頼れるのはご主人しかいないのですから、感情的になって追い詰めるような言葉を投げ返すようなことはしないようにして下さい。

 

最近では不妊カウンセラーの育成が広まってきていますので、病院に不妊カウンセラーがいる場合もあります。些細な悩みごとであっても、一人で悩んでしまわずに、積極的に不妊カウンセラーに相談するようにして下さい

 

不妊治療

もし、病院に不妊カウンセラーがいない場合、都道府県ごとに「不妊専門相談センター」が設置され始めていますので、そこを利用するようにして下さい。都道府県によって、不妊専門相談センターが設置されている場所は違いますが、大抵は公立病院・大学病院・保健所などに設置されています。不妊専門相談センターを探す場合は、最寄りの役所(役場)の厚生・福祉・健康・衛生などの窓口や保健所に問い合わせて下さい。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

不妊治療の悩み関連ページ

不妊治療は何歳まで?
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
日本国内で未承認の不妊治療
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
病院との付き合い方
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
不妊治療の検査・治療費用
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。
卵子は老化する?
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因や治療方法などを紹介しています。