二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

関連情報エントリー一覧

不妊治療の悩み

不妊治療は、時間が掛かる上に費用も決して安いとは言えません。そのうえ「今度こそは…」と期待して治療を受けても、いつものように生理が来てしまい落胆することを何度(何年)も繰り返していては、精神的にも参ってしまいストレスが溜まるのは当然です。しかも、「子供は作らないの?」「子供は、まだ?」などの言葉に傷...

続きを読む

不妊治療は何歳まで?

女性は閉経するまで妊娠する可能性があると言えますが、年齢が高くなるほど妊娠する可能性は低くなります。一般的には、35歳くらいから卵巣の機能が低下し始めるため、出来れば30代前半までに不妊治療を行うのが理想的です。しかし、35歳以上であっても、年々確率は下がりますが諦める必要はありません。しかし、40...

続きを読む

日本国内で未承認の不妊治療

海外では承認され実施されている不妊治療で、日本国内では未承認のため実施できない不妊治療がいくつかあります。日本国内での不妊治療を諦めて、海外で不妊治療を行う人がおられますが、治療費以外にも渡航費や滞在費など全て自己負担となります。海外で不妊治療を行う場合、かなり高額な費用が必要となるため、それがネッ...

続きを読む

病院との付き合い方

不妊治療だけに限りませんが、病気などに関することは素人には分からないと思わず、基礎的なことくらいは知る努力をして下さい。多少でも知っていれば、医師への質問も的確になり、知りたいことを相談しやすくなります。不妊治療は長期間の治療を覚悟する必要があるため、医師との信頼関係はとても大切です。あなたが医師を...

続きを読む

不妊治療の検査・治療費用

不妊治療では、かなりの費用が掛かります。数年も続けていると、総額が数百万円にもなります。これは、特殊な高額の検査・何度も同じ検査をする必要がある・健康保険が適用されない検査や治療が少なくないなどの理由からです。ただ、不妊治療費助成金や医療費控除などもありますので、それらを活用して少しでも費用を抑える...

続きを読む

卵子は老化する?

卵子が老化するというより、卵巣の機能が実年齢と異なることはあります。卵巣機能の状態を調べるには、血液中のFSH(卵胞刺激ホルモン)の値を調べることによって分かります。◆FSH(卵胞刺激ホルモン)値の判断基準● 7 … 普通● 10 … 少し老化している● 15 … かなり老化している加齢などによって...

続きを読む