二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

その他(ストレスなど)

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

造精機能障害は、ストレス・糖尿病・高血圧・痛風(高尿酸血症)・肝臓病・動脈硬化などによっても引き起こされます。ストレスが原因である場合は、精神療法などを行う必要があります。糖尿病などの内科的疾患が原因である場合は、それらの治療を行ったあとに不妊治療を行うことになります。

 

環境因子

あと、先天的な男性器形態異常や環境因子なども、造精機能障害を引き起こす原因になります。男性器形態異常とは、生まれつき精巣が小さいなどの異常のことで、その程度に合わせた治療を泌尿器科で行うことになります。なお、環境因子とは環境ホルモン・化学物質・タバコなどのことです。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら

 

 

 

 

その他(ストレスなど)関連ページ

造精機能障害
二人目不妊で妊娠したいと願っていた夫婦が妊娠した方法や、不妊症の原因と治療方法を紹介しています。
精液検査の方法
男性が原因の不妊症。精液検査の方法などを紹介しています。
無精子症の原因
無精子症の原因など、男性が原因の不妊症について情報提供しています。
乏精子症と精子無力症と精子奇形症
乏精子症・精子無力症・精子奇形症などに関する情報です。