二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

造精機能障害エントリー一覧

造精機能障害とは

男性の性器から射精され膣に中に入った精子は、1分間に2〜3mmのスピードで進んでいき、卵管の卵子の所には約1〜2時間くらいで辿り着きます。ただ、そこに辿り着くことが出来るのは、最初に射精された精子の100万分の1ほどの精子だけです。さらに卵子の周囲に近づくことが出来るのは約100匹ほどの精子です。そ...

続きを読む

精液検査の方法

精液検査では、出来るだけ良い状態の濃い精液で検査をする方が良いため、数日間は射精をせずに、病院の採精室(又はトイレなど)でマスターベーションをして精液を採取するのが一般的です。ただし、射精後数時間であれば検査することが可能であるため、多忙で病院へ行けない場合や、病院でのマスターベーションに抵抗がある...

続きを読む

無精子症の原因

無精子症とは、精液検査で精子を検査した結果、精液中に精子が1匹も見当たらない状態のことを言います。無精子症と診断された場合、その原因が染色体異常によるものか、そうでないかを確認する必要があります。検査の結果、染色体異常でない場合は、下記の2つを区別するために更に検査を行います。染色体異常でない場合の...

続きを読む

乏精子症と精子無力症と精子奇形症

● 乏精子症(ぼうせいししょう) : 精子の数が少ない状態(2000万/ml以下)● 精子無力症(せいしむりょくしょう) : 精子の動きが悪い状態(運動率50%以下)● 精子奇形症(せいしきけいしょう) : 精子の奇形率が15%より多い場合乏精子症・精子無力症・精子奇形症の症状が軽い場合、漢方薬やビ...

続きを読む

その他(ストレスなど)

造精機能障害は、ストレス・糖尿病・高血圧・痛風(高尿酸血症)・肝臓病・動脈硬化などによっても引き起こされます。ストレスが原因である場合は、精神療法などを行う必要があります。糖尿病などの内科的疾患が原因である場合は、それらの治療を行ったあとに不妊治療を行うことになります。あと、先天的な男性器形態異常や...

続きを読む