二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

不育症の原因と治療方法

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

不育症の原因と治療方法

 

妊娠しても流産してしまう場合がありますが、初期流産の確率は10〜15%と言われています。残念なことではありますが、流産は自然淘汰によるモノもあり少なくはありません。

 

しかし、3度以上繰り返すようであれば、何らかの原因があると考えられます。そのため、習慣性流産・早産・死産を含め、それらを3回以上繰り返した場合「不育症」と呼んでいます。

 

習慣性流産の主な原因と治療方法

 

@ 子宮の形態異常
●原因 : 子宮奇形・子宮筋腫・子宮頸管無力症(子宮頸管がゆるい状態)が原因。
●治療方法 : 必要に応じて手術を行う。子宮頸管無力症は子宮頸管を縛る処置を施す。

 

A ホルモンの異常
●原因 : 黄体機能不全・ホルモンの異常・高プロラクチン血症などが原因。
●治療方法 : ホルモンの補充や調整薬を使い治療する。

 

B 内科医の病気
●原因 : 血液凝固障害・膠原病・糖尿病など内科の病気が原因となっている場合がある。
●治療方法 : まず内科の治療を行い完治させる。

 

C 感染症によるモノ
●原因 : クラミジア感染症や肝炎などが原因になっている場合がある。
●治療方法 : 夫婦で検査を行い、感染症にかかっていればそれの治療を行う。

 

D 夫婦の染色体異常
●原因 : 転座型と呼ばれる染色体の異常が原因と考えられている。
●治療方法 : 治療法はないが、何度かの流産を経て出産する可能性はある。

 

E 免疫学的な要因
●原因 : 同種免疫異常・事故免疫異常が原因
●治療方法 : 各々の原因に応じた免疫反応を抑える薬を使う。

 

 

2人目不妊

二人目不妊を克服し妊娠した方法 →詳細はこちら