二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

 

二人目不妊で妊娠した方法|原因と治療方法

 

 

 

 

二人目不妊が増えています

最近、二人目不妊が増えてきていると言われていますが、その原因は様々です。例えば、一人目を妊娠したときは異常がなかったとしても、一人目を出産したときに不妊症の原因が出来てしまった可能性もあります。他には、年月を経て不妊症につながる原因が出来てしまった可能性も考えられます。


 

二人目不妊で妊娠した方法

 

二人目を出産したい理由

二人目を出産したい理由

 

● 一人っ子では寂しいと思うから
● 男の子と女の子、どちらも欲しいから
● 自分が一人っ子で兄弟姉妹が欲しいと思っていたから
● 結婚前から、子供は2〜3人欲しいと思っていたから
● 一人目に障害があり、親が死んだあと面倒を見る者がいなくなるから

 

上記のように、二人目が欲しいと願う理由は様々ですが、妊娠したいと思う気持ちは皆同じです。しかし、妊娠したいと願いながらも、二人目不妊で悩んでいる方は少なくありません。当サイトでは、不妊に関する様々な情報を紹介しておりますので参考にして下さい。

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

妊娠できた方法

二人目不妊で悩んでいたにも関わらず、妊娠することができたのは、あることを知ったからでした。

不妊症について

全てを病院任せにせず、不妊症の基礎的な知識は持っておきましょう。

基礎体温

不妊治療で、基礎体温は必須です。基礎体温の付け方くらいは知っておいて下さい。

排卵障害

不妊症の4分の1は排卵障害だと言われていますので、排卵障害の概要を紹介しています。

卵管障害

卵管障害は、精子や受精卵がスムーズに進めない障害で、不妊症の3〜4割の原因が卵管障害だと言われています。

着床障害

性交から妊娠するまでの課程で、最終段階となるのが着床です。その着床障害に関する情報を紹介しています。

子宮頸管の通過障害

子宮頸管の通過障害があるということは、精子が進んでいけないことを意味します。

性行為障害

性行為をする際に、何らかの障害がある場合などを性行為障害と呼びます。

機能性不妊

検査の結果、男性・女性ともに異常が見当たらない場合、機能性不妊と言います。

不育症

残念なことですが、妊娠するたびに流産を繰り返してしまう場合があります。

造精機能障害

女性だけでなく、男性が不妊症の原因を持っている場合もあります。

その他

こちらのカテゴリでは、上記以外の不妊症に関する情報を紹介しています。

 

二人目不妊で妊娠した方法

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊症の原因が不明の場合もありますが、不妊症の原因は様々で、女性に原因がある場合もあれば、男性に原因がある場合もあります。あと、一人は出産できたのに二人目を妊娠することが出来ない二人目不妊も増えてきていると言われています。一人目を出産したときには、不妊症の原因となる病気が無かったとしても、年月を経て不妊症の原因となる病気が発症している可能性もあるため、出産経験があるから不妊症ではないとは言い切れません。いずれにしましても、出産経験の有無に関係なく、検査や治療は各々の原因に合わせたモノとなります。不妊症の原因を探るために検査をしても、特に問題が見当たらない場合は、タイミング法を行うところから始まります。なお、不妊症の治療を行い、経過を様子を見ながら医師の判断で、まず行うのもタイミング法です。要は、妊娠しやすいタイミングを医師に教えてもらいながら、あとは運を天に任せるしかないのです。こればかりは授かりものですから…。ただ、妊娠する確率を高めることが出来る可能性があるのがタイミング法という訳です。従いまして、不妊治療をしたからといって確実に妊娠できる訳ではありません。不妊治療を開始しても、なかなか妊娠しなければ、かなり不安になるかと思われます。年齢的なモノも心配になるかとは思われますが、不妊症の治療費は保険が適用されない検査なども多いため、かなり高額な治療費が必要となります。そのため、何年にも渡り不妊治療を続けて、治療費の合計が数百万円になってしまったという方は少なくありません。しかも、治療に伴い女性の体への負担もかなりのものとなります。それらを最初に理解しておき、治療費や年齢の上限を先に決めておくのが良いかと思われます。ただ、妊娠して出産することが出来なくても、どうしても子供が欲しいということであれば、養子などの方法もありますので、最初から妊娠できないことを想定するのは辛いかとは思われますが、「もしも…」のときのために、最初にある程度の予定は立てておく方が、あとあと精神的に追い込まれることを避けることも出来るかと思われます。出産できないことを想定した話ばかりになりましたが、二人目不妊の治療を始めて、検査→受精→妊娠→出産と順調に進み、二人目不妊の治療で幸せな生活へ手に入れた人も大勢いらっしゃいます。2人目不妊で不安は多いかとは思われますが、赤ちゃんと一緒に暮らす日を夢みて、希望を捨てずに2人目不妊の治療に励んで下さい。

 

「赤ちゃんは、まだ?」などの言葉にうんざりしたりプレッシャーを感じたりしている人は少なくありません。ただ、こればかりは授かりものなので、自分ではどうしようもないと思っている人もいます。しかし、不妊治療で子作りに励み、赤ちゃんを授かった人がいるのも事実です。男性が原因の場合、ほとんどが精子に関するものです。女性が原因の場合、排卵・卵管・着床・頸管・子宮などに関連するものがあります。いずれにしましても、不妊治療を行うことにより妊娠する可能性は格段にアップします。子作りに励んで2年以上妊娠しない場合は、不妊症の可能性がありますので、専門医に診てもらうことをお勧めします。現在は不妊治療専門の病院もありますので、ネットなどで近くの病院を探してみて下さい。なお、不妊治療は根気が必要で、費用も決して安くはありません。そのため、様々な面で大変な思いをすることになりますので、夫婦が協力し合って不妊治療を行う必要があります。ネットで情報収集すると、不妊症の治療法・2人目不妊・不妊に効果のある漢方薬・高齢出産・不妊治療の費用・妊娠に良いとされる食事など色々と目にするかと思います。心配になることは多いかと思いますので、当サイトでは不妊症に関することを幅広くまとめました。どうぞ参考にして下さい。 余談ですが、「に維新したい」「にいしんしたい」や「二人目赴任の原因」「2人目赴任の原因」「hutarime huninn」などの変換間違いで検索される方が意外に多いですね。「ふたりめふにん」や「フタリメフニン」なども少なくないですけど…。それより、二人目不妊の治療方法や二人目不妊の確率などをネットで調べる方は多いのですが、ネットでの情報はあくまで参考程度にして、詳細は病院で直接確かめるようにして下さい。